自然出産,自宅出産,マクロビ,マクロビオティツク,アレルギー,アトピー,手当法
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
ママとマクロビ > 赤ちゃんのケア

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビで妊娠と出産赤ちゃんのケア

9.赤ちゃんのケアについて

妊娠中はもちろん、産後もお薬や人工的なケアはなるべく
受けずに自然な形でのケアができればいいなぁと思っていました。


きれい色フルーツポンチ
暑くなってくると食べたくなる寒天スィーツ:レシピはこちら)

たとえば、病院では
一般的とされる赤ちゃんへの点眼や砂糖水摂取などもしませんでした。

赤ちゃんが元気であればできるだけ不必要なことは避けて、
自然のままで育てたいという想いが強かったからです。

でも闇雲に自然を目指していたわけではなく、
食事を正して、自分の体をコントロールしながら、
それで心も体も健康であれば
きっと自然な出産ができて、
自然なかたちで子供を育てることができると
信じていました。

マクロビを勉強されている助産院でも
「K2シロップだけは飲んで下さい」
といわれることもあるそうですね。

K2シロップを赤ちゃんに飲ませるには訳があるようです。

ビタミンK2シロップは、
生まれたばかりの赤ちゃんの腸内に細菌が定着しておらず、
また、母乳中にビタミンKはほとんど含まれていないため、
新生児はビタミンK不足になりやすく、
一部の赤ちゃんはそのために
頭蓋(ずがい)内出血などを起こすことが判明したそうです。
現在では生まれたばかりと生後1ヵ月くらいに、
ビタミンKのシロップを服用させるそうです。

でも私は、助産師さんと相談して、
「毎日ビタミンKが豊富な納豆を食べ、
母乳からビタミンKを赤ちゃんに与えるようにする
ということで、ビタミンK2シロップは3人とも飲まないことにしました。

こんな風に、何か疑問がわいてきたときは、
自分なりに調べたり、専門家の意見もききながら、
ひとつづつ解決していくことにしました。

ただし、
闇雲に、すべてが自然でいい、
すべての医療処置が必要ない、という
ことではなく、必要な場面になれば取り入れる姿勢で、
そうでない場合は
なるべく自然な形を模索しつつ育児を続けています。

特に緊急な場面など、
また近代の医療によってす救われる多くの命があることも確かです。
自然であればすべてがよいということではありませんが、
できる範囲で楽しみながら、その後の育児も続けています。

追記:育児中で利用した自然療法・手当て法

手当て法
こんにゃく湿布
梅しょう番茶
中耳炎にユキノシタ
ひば湯
水疱瘡には
りんごの葛練り
セキ・のどの痛みにれんこん湯 
あらゆる痛みにサトイモ湿布