とびひ、陽性の熱、セキ、マクロビ、アレルギー、アトピーの手当法
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビ自然治療とびひ

とびひ、手当て、自然療法

とびひ 2007年8月 看病記事はこちら

じゅくじゅくの皮膚疾患、湿疹には
【生薬】黄柏末(オウバクマツ・おうばく) が効くと言われてます。

また
とびひになる前、とびひ中、とびひ後にまたかからないために、アカピイオン
皮膚にシューっとスプレーするのがオススメです!

常備してあったオウバクマツの出番がやってきました!
(いざというときに使えるように、あらかじめ伝染性の疾患などに使う予定のものは常備しておくとあわてなくていいです)

いそいそと、koちゃんの全身のとびひにつけて回ります。
ひどい部分には、太白ごま油をあらかじめ塗って
その後、オウバクマツをふりかけます。

その上に清潔なガーゼで患部を覆います。
*ごま油は軽い肌荒れなどにも良いみたいです。我が家ではよく使います。

これで、4日で次女はすべて完治しました。
あっという間に治ったのであっけないほど簡単でした。

長女の場合

次女のすぐ後に、感染した長女でしたが、こちらはなかなか治癒しませんでした。患部が顔、特に鼻腔だったため、治りにくく大変でした。そんな時、

患部に血を集めてあげれば
治るから、生姜湿布をしてみてね



生姜粉末を常備しているので、簡単にできます。

生姜湿布はアトピー性疾患などにもとてもよく効くようです。生姜をすれば、自分でも作れますが粉末はとっても便利です。沸騰しないお湯に、粉末をいれて、溶かしたお湯に
浸したタオルを患部にあてます。


それが本当によく効いて、みるみるうちに良くなっていきます。
オウバクマツの手当ても続けます。

夜寝る前に、しょうが湿布を20分ほど。おきているときも、寝ているときもオウバクマツをぬって、ガーゼで患部を覆う。

これですっかり治りました!

*ホメオパシーの基本セットに加え、水疱瘡の時に購入した
ホメオパシー的予防のセットにあるスタフィロコカイナム、
ニトリックアシッド等も使いましたが、生姜湿布が何よりも一番効きました。

とびひになる前、とびひ中、とびひ後にまたかからないために、アカピイオン
皮膚にシューっとスプレーするのがオススメです!