生姜湿布、陽性の熱、セキ、マクロビ、アレルギー、アトピーの手当法
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビ自然治療生姜湿布

しょうが湿布、自然療法、マクロオティック

生姜湿布

しょうがには、解熱や消炎効果、発汗作用もあります。

しょうが湿布をすることで、血管が広がり
血行がよくなります。
肩こり、リューマチ、がんや腫瘍など炎症や痛みにも効果的です。
蕁麻疹などで酸化した血液が
肌の表面に集まっているときにも、効果があります。


【症状】
腰痛、肩こり、リューマチ、腫瘍、胃潰瘍、
肺炎、膀胱炎、神経痛、婦人病、ガン、
その他あらゆる炎症と痛みに。


下の方法でもできますが、
生姜粉末を使うとことで、より簡単にできます。
生姜湿布はアトピー性疾患などにもとてもよく効くようです。
生姜をすれば、自分でも作れますが粉末はとっても便利です。
沸騰しないお湯に、粉末をいれて、溶かしたお湯に
浸したタオルを患部にあてます。

材料
生姜 200g
お湯 3〜4L

“蕕瓦箸垢蠅ろした生姜をガーゼなどにいれ、80度前後の
お湯の中に入れてください。

▲織ルを二枚用意します。一枚目に,鬚鮴み込ませます。
両手を使って端を持ち、絞ります。

4吃瑤謀てますが、直接あてると熱すぎるので、
一枚タオルをしいておきます。タオルの上から別のタオルをかけて
あたたかく冷めにくくします。

の笋瓩燭薀織ルと交換します。

ト茲譴覆つ度、20〜30分程 銑い諒法で続け、
最後に水で絞ったタオルで患部を拭きます。


2008年、長女が食べもので蕁麻疹が出たときにも
使いましたが、とてもよく利きました。酸化した血液を散らすために有効