マクロビ,アレルギー,アトピー,手当法の紹介
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 
ママとマクロビ > マクロビあれこれ

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

ママとマクロビマクロビあれこれ

マクロビオティックに迷った時、マクロビオティックに疑問が出たとき、マクロビ情報を探しているときに便利です。

マクロビオティックとを一言をであらわすと、「体とこころをコントロールする食事法」です。
穀物、野菜、海草をメインに、自分自身の体調にあった食べ方をすることで、
心身のバランスをはかるものです。
マクロビオティックで食べてはいけないものはあるの?
マクロビオティックの食事はどのようなものですか?
具体的には何をどれだけ食べたらいいのですか


    マクロビオティックは〜を食べてはいけない、とか○○が悪いといって、
    ある特定の食べ物を禁止するものではありません。

    マクロビオティッククは本来とても自由なもので、何を食べてはいけない、〜が悪いということはなく、
    むしろ、自分の体の声をしっかり聞いて、自分の体と相談して、今の自分に必要なものや、
    体が欲しているものが分かる様になることです

    でも、そのような体の声が聞こえるようになるためには
    体を良い状態に戻してあげることが大切です。もともとは人は何を食べたらいいのか、
    自分の本能で分かるのではないかと私は思っています。

    ただ化学調味料や加工食品、白砂糖などを常習的にとっていると、心身や味覚が食物本来の味に鈍感になり、
    なかなか体の内なる声が聞こえづらくなってきます。



    体を自然な状態に戻すためにも、マクロビオティックでは、穀物(玄米・雑穀など)メインに、
    海草や豆類を食べます。

    化学調味料は用いず(自然の味覚を取り戻す)、白砂糖やその他精白した食品類は避け、
    (食べ物をできるだけ自然な状態で摂取する)また

    動物性食品は極少量にします。(ただし体調に合わせ、白身の魚などのみを摂取する場合も多くあります)
    そして自分の土地で育つもの、季節にあった食物を食べるということが基本にあります。

    次は
        



    マクロビオテイック食事法ガイドラインとして
    出されているものには、

    基本食として:精白しない穀物40〜60%
       野菜20〜30%(漬物など含む)
       豆類5〜10%(また海草など含む)
       調味料(ごま塩・梅干など)
       植物油
    週に数回程度:果物(その土地で採れる季節のもの)
       魚介類(白身魚)
       種・ナッツ
       甘み(穀物・野菜由来)
    月に数回程度:乳製品
       卵・鶏肉
       肉

    というものがあります。健康的な普通の方の場合の目安です。
    参考程度にして、自分の体の様子をみながら調節していけるといいですね。

まずは、