ひば湯,セキ,マクロビ,アレルギー,アトピー,手当法の紹介
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビ自然治療ひば湯

マクロビオティックの自然療法の紹介、マクロビ育児で大活躍のお手当て法


ひば湯 関連記事はこちら


昔から干葉(ひば)湯は、婦人科系の病気や不調にとっても効果が
あると言われています。腰湯によく利用されます。

そして冷えにはものすごくよく効きます!大根干葉湯の素も市販されています。

大根の葉には、体を温める硫黄分や、カルシウム、カロチン
ビタミンDなどの陽性ファクターがいっぱいです。

それを干した葉にはさらに、太陽のエネルギーが加わり
陽性です。入浴剤に用いると、婦人科系の病気や不調にも
よく効きます。

効用
全身の血行促進、冷え性、生理不順、子宮筋腫、子宮内膜症、
泌尿器疾患、アトピー性皮膚炎など。


材料
大根ひば  4〜5株 又は市販のパック1
湯   5L
水   10〜30L

つくり方と手当て法

鍋に水とひばを入れて、40分間煮出す。煮出したら、ベビーバスなどに移し入れる。
お湯を入れてちょうどいい温度にする。(少し熱いぐらいがいいです)
塩をひとつまみ入れる。

上半身のみTシャツを着て、足をだして腰だけつかります。
20分から30分、差し湯をしながら、汗がでるくらいつかります。
お湯につかっていない部分が冷えないように工夫してください。
(バスタオルなどをかけるなど)

入浴用
ひばの煮だしエキスを作り、浴槽の湯に加えて入浴します。

全身を温めるよりも、腰湯のほうが、全身をあたためてくれるので不思議です。これは
腰の部分に集中している内臓の神経を刺激し、血行をよくし、活性化してくれるからです。