里芋パスター、陽性の熱、セキ、マクロビ、アレルギー、アトピーの手当法
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビ自然治療里芋パスター

さといも湿布、マクロビオティック、自然療法

里芋湿布
(里芋パスター)

乳腺炎症、がん、ぎっくり腰、
セキ、かぜ、打ち身、骨折など、ありとあらゆることに
使われています。
サトイモ湿布は水疱瘡にも効きます。

サトイモ湿布は本当はサトイモを摩り下ろして作るのですが、
今は便利なサトイモの粉が販売されています。それがこちらの
里芋パスタです。


作り方&材料

里芋パスタ

ガーゼ


,海諒瓦某紊魏辰┐董⊆たぶ程度の硬さにします。
分量は貼る部位に合わせて増減します。

布などに付け、上に一枚ガーゼをかけた上で
直接患部に貼ります。
6時間程度効果がありますが、急性の場合などは
毒を吸着する力が強く、早めに次の湿布に取り替えます。

これだけで本当に不思議なくらいよく効きます。

里芋を直接貼ってしまうと患部に張り付いて取れにくかったり、痒くなったりする方もいるので、ガーゼを使います。写真は、急いだのでムラがあります。実際はもう少し均一に薄くのばしてみてくださいね。

あらゆる炎症に効くので、セキやのどの痛みにも。急な体調の変化の時に備えておかれると便利ですよ。

右の写真は水でといた里芋粉をいらない布などに伸ばして、里芋の上に薄いガーゼを一枚かけています。

患部に貼る直前の状態。こんな風にして貼ります
サトイモ湿布に関連した記事はこちら