水疱瘡、陽性の熱、セキ、マクロビ、アレルギー、アトピーの手当法
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビ自然治療水疱瘡

マクロビ手当て、水疱瘡


水疱瘡


2007年5月9日 長女 4歳2ヶ月
2007年5月21日 次女 1歳8ヶ月

発熱があった時点で野菜スープと、サトイモ湿布が効いたようです。
発疹後は、里芋パスタで 作ったサトイモ湿布と
びわの葉の煎じ汁を肌につけていますが、痒みもほとんどなく、
徐々にかさぶたに移行していきました。家庭でも十分対応できました。

*発疹に、びわの葉のせんじ汁をつける
*野菜スープ、玄米スープを飲む。
*足の裏にきゅうれいこんを貼る。

当時の経過はブログ



里芋パスタが手軽にできる里芋粉
サトイモ粉はより万能で打ち身やぜんそく、セキにも非常にいいです♪
経過

長女の場合は、
発疹が全身に広がる2日前に38度の熱、だるさ、眠気、頭痛を訴え、
口の中に水疱がひとつと、舌に赤い斑点がでました。

その後も、発疹が増え続けたので、水疱瘡を疑い、産まれて初めて小児科を受診。
水疱瘡の疑いがあるという診断をもらい、帰宅。

薬などは使わず、自然療法で治しました。顔が赤くなり、下半身は冷えていたので、下半身には、こんにゃく湿布
顔は豆腐を水切りしたもので冷やすと
気持ちがよかったようです。
長女は発疹が少なく、痒みもほとんどなく、
短期間水疱もよくなり、とても軽い症状でした。

次女の場合は、
水疱が顔にたくさんひろがって、かわいそうでした。
口の中にもできたので、元気がなく、ずっとおんぶと抱っこでした。

次女は1歳8ヶ月で罹ったこともあり、
まだ年齢が低かったことや、口の中に水疱が多くできた
ため、長女と違って、私のつくった野菜スープや玄米スープをあまり飲みませんでした。
そのため長女よりも治癒に時間がかかったのかもしれません。

びわエキスヴェレダのカレンデュラクリーム
など外用の手当て中心で過ごしました。痒みはほとんどありませんでした。

雑感:二人とも、比較的軽症状でした。マクロビをしていると、
感染症の症状も軽いらしいと聞いていましたが、
その後、二人とも順調に回復・治癒しました。