陽性の熱、セキ、マクロビ、アレルギー、アトピーの手当法
カートに商品がありません。

現在の中身:0点

 

心と体においしい生活 ママとマクロビ

MENU戻る

マクロビ自然治療陽性の熱

マクロビオティック、手当て、熱

陽性の熱

手も足も顔も赤く、熱く、体全体がかっかとしているとき。夕方〜夜中にかけてでる熱。
14時ごろがピーク。

熱が39度超えたら、豆腐パスタ。
豆腐を水切りして、そのままおでこに貼る。すごい勢いで
熱をとってくれます。
熱が39度以下のときは、青菜パスタ、青菜を頭に巻きます。
穏やかに解熱します。

りんごのすりおろし汁や、(すりおろした部分も食べる)りんごジュース、椎茸スープなど、
陰性なものをとる。国産の酸味のある果物は様子をみながら食べても良い。

食事はいつもの半分くらいで良い。無理に食べない。重湯や玄米粥などはOK。煮込みうどんなども。